卒業袴 レンタルの商品一覧ページ

旅立ちの春、それぞれ思い入れの袴姿で卒業式に臨みましょう。
教え子を見送る先生はじめ大学生、専門学校生の他、小学生、中学生、高校生のご利用も多くなりました。
「着物レンタルあき」では、皆様の個性を尊重したコーディネートのアドバイスをさせて頂いています。

入力されていません。

卒業袴とは

女子学生が袴を着用するようになったのは、明治のはじめ頃までさかのぼります。 その後、女子教育のための女学校が次々と開校されて以降の明治30年代、女学生の間では、海老茶色の袴、革靴、庇(ひさし)髪に大きなリボンや花をあしらった袴姿が流行していたそうです。 時代の先端を行く感覚で袴を着た知的な女性達は、紫式部と海老茶の袴にならって「海老茶式部」と呼ばれることがあり、多くの女性から憧れの対象として注目されていました。 以来、幾度かの時代の変遷を経て現在では小学生から大学生まで卒業式に袴姿で臨む方が多くなりました。 「成人式の振袖に袴を合わせて卒業式に着る事が出来ますか?」というご質問をよくいただきますが、当店ではあまりオススメしておりません。振袖の一番綺麗な上前の模様が袴で隠れてしまいますし、振袖は袖が長いので袴とのバランスがあまり美しくないのです。そのため、卒業袴には、振袖よりお袖の短い中振袖をお選びいただくことをお勧めしています。

どんな色を選べばいいのかしら?

中振袖と袴の色は基本的に自由で、好きな色をお選びいただけます。 最初にお顔に近い中振袖の色をまず決めてから袴の色を決めることをオススメします。 お好きな色柄やお顔映りが良い色を選び、それにあった袴の色を決めて全体的な調和を見るとよろしいでしょう。 中振袖の柄として多いのは花柄ですが、矢絣(やがすり)の柄も人気上昇中です。 また、袴もグラデーションや無地、刺繍が入ったものなどいろいろあります。 華やかな袴に無地の着物を合わせたり、学生らしく抑えた色彩で上下のトーンを統一する等、皆様それぞれの個性に合わせたオリジナルコーディネートでコーディネートをさせて頂きます。 「着物レンタルあき」各店舗のベテランスタッフが、様々な組み合わせをご提案させていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

卒業袴レンタル、着物レンタルあき

Instagram

#着物レンタルあきでUPしよう!