着物レンタルあきの「結婚式」

ことのほかお目出度い慶事,結婚式には新郎新婦、親族・仲人は正礼装です。 新郎新婦の母、仲人婦人は黒留袖を、既婚の親族は色留袖、未婚の親族は振袖を着用するのが基本です。
また、お招きを受けた場合は略礼装になります。既婚の場合は訪問着、色無地を未婚の場合は 振袖、訪問着、色無地を着用します。いづれにしても両家のご親族にも配慮して着物を選びたいものです。

結婚式・パーティの振袖・訪問着・留袖 レンタル

結婚式で着物をレンタルする際に気をつけるべきこと

着物には永い歴史と伝統の上に培われた「約束事」があります。 結婚式では、親族はもとよりお招きを受けた側も着物の約束事に従った装いをするのがマナーです。

既婚の親族は正礼装の留袖着用とされていますが、インターネット上では未婚の親族は色留袖でも良いという情報が見受けられます。 未婚の親族は正礼装の振袖を着用するのが基本です。 しかし年齢などを考慮して略礼装の訪問着をお召しになる場合には、ご両家のお許しを得ることが大切です。

結婚式、披露宴には、着物に造詣の深い方も同席されていますので、お相手の親族や参列者にも失礼の無いように、約束事に従った正しい装いが要求されます。個人の感覚で自由に着物を選ぶわけにはいかないのです。

なお小紋はカジュアルですので、披露宴には着用しませんが、2次会などカジュアルなパーティであれば宜しいでしょう。 「着物レンタルあき」では、豊富な経験と知識を備えたスタッフが、皆様の正しい着物選びをお手伝いいたします

色留袖や訪問着の色選びは?

着物や帯を選ぶ際には、色彩も重要な要素です。 着物はお好きな色、顔写りの良い色などを基準にして決めますが、結婚式でお召しになる着物は上品な色合いを選べば好感を持たれます。

白地の着物については、あくまで花嫁を引き立てることが前提ですが、必ず柄に色彩が施されていますので、着用されても宜しいでしょう。 その他、華やか過ぎる色柄は、周囲との調和との観点から考えれば控えた方が賢い選択かと思います。

着物に馴染みがない場合、どの着物が華やか過ぎるとか、どの着物が結婚式に相応しいか?イメージが浮かびにくいと思います。 どうぞご来店の上、「着物レンタルあき」のスタッフにご相談下さい。

結婚式における着物の所作について

着物は無理な動作をすると着崩れるため動作が制約されます。 例えば、手を帯より上に挙げてしまうと衿や胸元が着崩れてしまいますし、大きな歩幅で歩くのも着崩れの原因になります。 しかしこのように動作が制約されることにより、着物を着ている人の所作は自然に優雅になり美しく見えるのです。

反面着物に慣れていないと、袖先に料理がついて汚したり、長い袖でお酒のグラスを倒してしまうこともあります。 また着物を着て、視線を感じながら背筋を伸ばして歩いていると街中でも沢山の方から注目されます。 歩く、手を伸ばすといった、いつもは無意識に行なっていることに意識を傾けると“着物を着ているのだという緊張感”が生まれ装う人を美しく見せます。

その上、マナーや言葉遣いにも丁寧に気を配ると、より深い人間的な魅力が加わります。 結婚式という特別な日に”着物”を着ると、よりいっそう非日常としての幸せを感じ、良き思い出になることでしょう。

着物種類から選ぶ

着物の種類がお決まりのお客様は、
以下の種類をお選びください。

Instagram

#着物レンタルあきでUPしよう!