着物風浴衣で大人っぽさを演出しませんか? | 着物レンタルあき

着物風浴衣で大人っぽさを演出しませんか?

こんにちは。着物レンタルあきです。
7月に入りいよいよ夏本番、浴衣を着てお出かけする機会も多くなります。
浴衣の着こなし方にもトレンドがあり、ここ数年は着物風に着こなすのが流行っています。
着物あきでも着物風の着付けを行っています。

浴衣を着物風に着ると大人っぽいおしゃれな雰囲気になりますので、浴衣に抵抗がある方や、久しぶりに浴衣を着る方にとてもオススメです。

 

■浴衣を着物風に着こなす、何が違う?

着物風の着こなしに必要な3つのポイントをお伝えします。
左右の写真は同じモデルさんが同じ浴衣を着ていますが、左が着物風、右が通常の着こなしです。雰囲気がガラッと変わりますよね。

 

1. 長襦袢を着ます

浴衣では着用しない長襦袢を着ます。

長襦袢を着用することによって、少々改まった雰囲気になります。

あくまで浴衣ですのでフォーマルな場所に着て行ける訳ではないですが、大人っぽく情緒ある雰囲気になります。

 

2. 名古屋帯を使用します

通常、浴衣の着付けには半幅帯を使用しますが、着物風着付けでは名古屋帯を使います。

銀座結びで、山を作らず背中に沿わせます。

ふっくらと仕上げ、垂れ先の長さをいつもより長めにすることで、粋な装いになります。

 

3. 足袋を着用します

素足ではなく足袋を着用することで、下駄と合わせても浴衣より高級感ある雰囲気になります。

 

 

■浴衣を着物風に着付けることで上級者のおしゃれを楽しんでみませんか?

同じ浴衣でも、着こなし方によってここまで雰囲気が変わります。

通常の着こなしは、爽やかで若々しくアクティブな印象に。

着物風の着こなしは、大人っぽく上品で落ち着きのある雰囲気になります。

通常の着こなしももちろん素敵ですが、着物風に着ることで、より凛とした心持ちになります。佇まいにも自然と品が出ますし、浴衣よりも特別な気持ちになれるのでオススメです。

着物あきでは、長襦袢、名古屋帯、足袋、合わせて3,240円(仮)の追加料金で着物風の着付けをご利用いただけます。
この夏の浴衣の着こなしに差をつけたい方、大人っぽくおしゃれに浴衣を着こなしたい方は、ぜひ着物あきへご連絡ください!

Instagram

#着物レンタルあきでUPしよう!