ご出産を控えたお母様が着物をお召しになる際のアドバイス

出産を控えたお母様

銀座、渋谷、池袋、横浜に実店舗があるレンタル着物店、「着物レンタルあき」です。

弊社各店舗には、お宮参りのお客様から弔事のお客様まで各年代のお客様が多数お見えになりますが、その中にはおめでたを控えたお母様もいらして、上のお子様の七五三の付き添いとして、又結婚式にご参列など、着物をお召しになる機会があるかと思います。

今回は、ご出産を控えたお母様が着物をお召しになる場合に気を配って頂きたい事をお伝えします。

ご出産を控えている方の着物サイズは?

弊社では身幅の広い大きいサイズの着物もご用意しています。

8ヶ月ぐらいまでの方であれば普通サイズの着物でも、着付けの工夫により着用可能です。

何ヶ月まで着物を着る事が出来ますか?

初期から8ヶ月ぐらいまでの方は、体調が良ければ着物をお召しになることが出来ますが、紐や帯を締めると胸やお腹が圧迫されてしまうので、当日の体調に左右されます。

体調が思わしくなく着物をお召しになれない場合も想定して、お洋服も一応用意されておくと安心です。

「着物レンタルあき」では当日体調に問題がある場合のキャンセル料は無料にさせて頂いております。

ご出産を控えたお母様の着付けで注意している事

あまりきつく締めないで、気崩れしない程度の着付けを行います。

着付けの最中に無理に我慢をしていると、後で大切な場面や会場で苦しく感じる事もあります。

違和感や苦しさを感じた場合は、ご遠慮なく着付けスタッフにお伝えください。

出産を控えたお母様へのアドバイス

まずは何より転ばないことを意識してください。

草履を履くと靴と違って歩きにくいかと思います。ほんの少しの段差に躓いてしまう事もあります。
草履を履いた時はくれぐれも注意して下さい。

着物を着ていて苦しくなったら

苦しくなった時の対処については着付けの際に着付け師が詳細に説明させて頂きますが、まずは帯と帯揚げ、帯枕の紐を持ち、中心をゆるめて胸を楽にすると気分が良くなります。
会場で気分がすぐれなかったら、お電話にて「着物レンタルあき」にご連絡頂ければアドバイスいたします。なお、その場に着付けが出来る方がいたら相談して下さい。

苦しくなった時の対応は、緩めると多少着崩れますが、苦しいまま我慢なさらないで下さい。
最終的には帯・胸元の紐類を外して少しご休憩なさって下さい。

着物をレンタルされる場合

他のお客様と状況が異なるので、様々な場面の着付けに対応出来るレンタル店をお選び下さい。
お電話で予約される際に、出産を控えていらっしゃる旨、詳しくお伝え下さい。
「着物レンタルあき」では、どのような着付けも出来るベテランの着付け師が在籍しておりますのでご安心してご予約ください。

Instagram

#着物レンタルあきでUPしよう!