今更聞けない!結婚式に着る着物を立場別にご紹介

渋谷・銀座・池袋・横浜の4店舗で着物レンタルの営業をしております。着物レンタルあきです。

結婚式は人生で一番大切な日の一つです。ご親族やご友人の結婚式はしっかりとマナーにあった服装でお祝いしたいものですよね。
新郎新婦や親族の方より派手な衣装だと失礼に値することがあります。

「着物を着て結婚式に列席してみたいけど、目立ちすぎないかな。」
着物を初めて結婚式で着られるときにはこんな不安がおありだと思います。

着物にも種類はたくさんあり、留袖や訪問着、色無地、小紋など時と場合によってふさわしい着物が変わります。
特に、結婚式の場合は既婚か未婚かで着るべき着物が変わってくるので是非ここで確認しておきましょう。

結婚式で着るべき着物を立場別にご紹介します!

・結婚式披露宴においての留意点

結婚式のフォーマルな披露宴に和装を着用される場合、基本的に既婚の親族は留袖、未婚の親族は振袖を着るのが約束事となっております。ご親族が訪問着などで参加されるのはあまりよろしくないという風習です。しかし、ご親族でどうしても訪問着しかないという場合は新郎新婦やご親族の方に了承を得ることが良いでしょう。
また、披露宴の後のパーティーのようなカジュアルな二次会では訪問着、小紋などを着ても大丈夫です。

・女性既婚者の方

結婚式においての女性既婚者の方の第一礼装(正礼装)は留袖です。昔は黒留袖が主流でしたが、最近では新郎、新婦の母親以外の親族は色留袖を着用される方が多くなっております。このように黒留袖、色留袖どちらでも良いとなっています。しかし、色留袖を着る際にあまり派手すぎるのは避けましょう。

色留袖

・女性未婚者の方

女性未婚者の方の和服正礼装は振袖です。華やかな振袖姿が良いとされています。色無地のものも良いのですが、やはり少し地味と感じてしまうのでぜひ華やかなものを着て結婚式を盛り上げてください。

振袖

・男性の方

男性の方の正礼装は既婚の方も未婚の方も紋付袴です。黒紋付袴でなくても濃い紫などの地味目な色合いの紋付袴でも良いでしょう。女性と同様、カジュアルな二次会などでは着物を着て袴はつけなくてもも大丈夫です。

季節によって変わる柄や色合い

男物紋付・羽織(黒紋付・袴は仙台平)

これは結婚式に限ったことではないですが、女性の着物、特に振袖や色留袖は季節ごとに合った柄や色合いがございます。
例えば秋でしたら紅葉の柄が入っているものが好まれたりします。このようなその季節ごとの柄やより細かいオケージョンによる色合い、着物の種類に関してはぜひ私たち着物あきにご相談ください。

着物のプロフェッショナルがTPOに合った着物をご提案させていただきます。
私たちの豊富な着物のバリエーションからお選びいただけるので、必ずお気に召す着物が見つかります。

そして、着物のご提案だけではなく、着物をお召しになる際のマナーや美しく見える所作などアドバイスさせていただきます。
着物を着るだけでなく、”美しく着る”お手伝いができたら幸いです。

Instagram

#着物レンタルあきでUPしよう!