卒業袴について女子大生が知っておくべきこと

着物レンタル あきです。
1年で着物を着るイベントは何回かありますが、学生の方々にとってその機会は『卒業式』なのではないでしょうか。

近年の卒業式では、小学校から専門学校、大学まで着物の中でも卒業袴を着用する方が多くなりました。ある学校の卒業式では、卒業生の約8割の方が卒業袴を着用されて卒業式に出席された事もありました。

卒業袴か振袖のどちらを着るか悩まれる方もいらっしゃいますが、今後袴を着る機会はなかなかないので、卒業袴を着られることをオススメします。

そもそも袴って何?

袴の起源は古く平安時代から着られていたようですが、現在の卒業袴のルーツは明治時代に遡ります。女子学生が袴を着用するようになったのは、明治のはじめ頃までさかのぼります。

その後、東京女子高等師範学校、東京府立第一、第二高等女学校が開校されて以降の明治30年代、女学生の間では、矢絣の着物に海老茶色の袴、革靴、庇(ひさし)髪に大きなリボンをつけた袴姿が流行していたそうです。
時代の先端を行く感覚で袴を着た知的な女性達は、紫式部と海老茶の袴にならって「海老茶式部」と呼ばれることがあり、多くの女性から憧れの対象として注目されていました。
時代の移り変わりにより、女学生の制服は袴からセーラー服などに変遷を遂げていき、日常的に袴を着ることはなくなっていきました。
しかし、今もなお日本の伝統的な着物の一つとして、袴は学校の卒業式など様々な公式的な場において、高く支持されています。

振袖を袴にできる?

振袖を袴にできる?

「成人式で着た振袖があるからそれを使って卒業袴に出来ないか」

というご相談を受けることがあります。振袖業者の中には「振袖に袴をつけて卒業袴として着れますよ。」と謳っている所もあるようですが、振袖は袖が長すぎるため、袴を着た時のシルエットがあまり美しくありません。

また、振袖は着物全体に模様があしらってあるため、最も美しい上前の模様も袴で隠れてしまいます。一方、袴の下に着る着物は、袴を着たときに美しく模様が見えるような作りになっています。
その点から、成人式に着た振袖と袴にするのではなく、卒業袴に合わせた着物をお選びいただくのがオススメです。

卒業袴の色はどう決めればいい?

卒業袴の色は基本的に自由です。
中振袖と袴の色の組み合わせを考えるなら、中振袖の色を先に決めてから、袴の色を決めることをオススメします。
なぜなら、着物の方が顔に近いところにあるので、顔映りがいいものを選ぶことが大切だからです。中振袖の色を決めたら、その組み合わせで袴の色を決めましょう。

卒業袴の柄はどんなものがいい?

卒業袴の柄に細かな決まりはないので、そこまで神経質になる必要はありません。
当店で決められる方に多いのはお花柄の着物ですが、最近増えているなあと感じる柄がございます。

それは、矢絣(やがすり)という柄です。
伝統的な着物の柄なのですが、”一周回っておしゃれ”という感じで人気です。着物の上に着用する袴の柄はグラデーションや無地、刺繍が入ったものなど本当に様々です。お店に様々な色の袴を置いておりますので、ぜひ一度ご試着にいらしてください。
ベテランの着付けスタッフが、流行りの柄やお客様のお似合いの色、そして袴を着る際のマナーまで丁寧にご説明させていただきます

卒業袴の足元はどうすればいい?

卒業袴の時は、草履をご用意いたしますが、「はいからさん」に倣って黒色のブーツを履く方もいます。
シュッとしたシルエットのブーツを履くことで、足元までスマートに見えるのですが、最近ではDr Martens(ドクターマーチン)などの少しゴツゴツしたブーツと合わせる方もいらっしゃり、「思い思いのファッションを楽しんでいらっしゃるなあ」とこちらが勉強させていただくこともあります。

いつぐらいから卒業袴を予約した方がいいですか?

例年は夏の終わり頃から予約を受け始めますが、最近徐々に早くなって来ており1年前から予約される方もいらっしゃいます。
予約が直前になるほどに、選択肢が狭まってしまうので、1年前とは言わずとも半年ほど前には試着やご予約をされることをオススメします。

ベテランスタッフが何でもお答えします。

袴は卒業式で初めて着るという方も多くいらっしゃるくらいですから、分からないことが沢山おありだと思います。
もちろん、ご自身の感性で決めるということも素敵だと思います。
もし、インターネットで見るものの、自分に似合う袴をどうやって決めていいか分からないという方は是非当店までご相談ください。
着物の道数十年というベテランが揃っています。
様々な視点から皆様にぴったりと合う卒業袴をご提案させていただきます。

Instagram

#着物レンタルあきでUPしよう!